GSuiteからOffice365に簡単に移行

あなたがしたい場合 GSuiteからOffice365に移行する、ここにあなたのための包括的なガイドラインがあります。 GSuiteとOffice365の間には多くの類似点があることは事実です。ただし、場合によっては、個人が365つを切り替えたいことがあります。 したがって、GSuiteからOfficeXNUMXに移行する場合は、このガイドに従うことができます。

実際、GSuitとOffice365のどちらを選択するかを決めるのは難しい作業です。 このような問題に直面している場合は、以下の情報を参考にしてください。

GSuiteからOffice365に移行する

Gスーツの主な特徴の365つは、Webベースのプラットフォームであることです。 ビジネスのウェブサイトを維持する場合は、プロ並みのビジネス用メールアドレスを用意する必要があります。 このような付加価値により、信頼性が高まります。 それでは、OfficeXNUMXに関連する機能を見てみましょう。

Office 365は、さまざまな重要な機能で構成されています。 たとえば、Word、PowerPoint、Excel、Skype、OneDrive、およびMicrosoftの他のすべてのアプリはOffice365に含まれています。

明らかな理由でOffice365を好む組織に不足はありません。 このパッケージは、面倒なことなくファイルを送信、受信、さらには編集するための大きな自由を提供します。 それに加えて、Office365には多くの追加機能も付属しています。 このような事実については、この記事で説明します。

GSuiteからOffice365に移行する理由

GSuiteからOffice365に移行する理由

正直なところ、GSuiteからOffice365への切り替えに関連するメリットは計り知れません。 最も重要なことは、Office365は企業を念頭に置いて設計されているということです。 今日の時点で、ほとんどの従業員はOffice 365のアプリを使用する傾向があります。したがって、Office 365の使用に関する追加のトレーニングを提供することを心配する必要はありません。Excel、PowerPoint、Skype、Wordなどのアプリについて考えてみてください。誰もがそれらについて知っています。

それに加えて、Office365にはオフラインで作業するオプションもあります。 これは、従業員の全体的な生産性に大きな影響を与える可能性があります。 オフライン機能のおかげで、従業員は気が散ることはありません。 これらすべての機能に加えて、Office365はカスタマイズに関して優れた機会を提供します。 次のセクションでは、GSuiteからOffice365に移行するために何をすべきかについて説明します。

PS:方法を理解しましょう DropboxをiCloudに転送する および GoogleフォトをiCloudに転送する方法 簡単に。

GSuiteからOffice365に移行するにはどうすればよいですか?

GSuiteからOffice365に移行する方法

このパートでは、GSuiteからOffice365に移行する方法について説明します。良いニュースは、移行ツールがG Suiteに統合されているため、移行プロセスが簡単になることです。 それはsaなしで行きますying 組織化された方法でデータを移行する場合、非常に役立ちます。 読者が簡単に理解できるように、プロセスをステップバイステップモードで説明します。 だから、読み続けて、それを成し遂げる方法を学びましょう。

01。 最初のステップとして、Office365スイートを使用するためにドメインを確認する必要があります。 Office 365を最初から構成する場合は、特定のプロセスに従ってドメインを適切に確認する必要があります。 それが済んだら、ドメインレジストラを選択して続行することもできます。

02。 このプロセスの365番目のステップとして、続行するにはユーザーを追加する必要があります。 この場合、単一のユーザーまたは複数のユーザーのいずれかを選択できます。 要件に応じて、追加するユーザーの数を決定できます。 ただし、Office 365にユーザーを追加することは、ユーザーにライセンスを付与することと似ていることも知っておく必要があります。 つまり、ユーザーを追加することで、Office365ライセンスをユーザーと共有します。 現時点では、ドメインを構成しないでください。 ただし、GmailIDが既にMicrosoftXNUMXに転送されている場合は、設定できます。

Office 365にユーザーを追加する前に、別のことを確認する必要があります。 この場合、すべてのユーザーが個別のOffice365メールボックスを持っていることを確認する必要があります。

GSuiteからOffice365に移行する方法

03。 上記の手順を完了したら、リストの作成に進む必要があります。 このリストには、GSuiteからOffice365に移動する必要があるすべてのGmailメールボックスが含まれている必要があります。 次に、GSuiteに含まれている管理コンソールにログインする必要があります。 [ユーザー]をクリックしてから、電子メールを記録するユーザーを選択する必要があります。

次に、Office 365の管理センターにサインインする必要があります。次に、[ユーザー]をクリックし、[アクティブユーザー" 同様に。 それを実行すると、「」と呼ばれるseperate3列が表示されます。ユーザー名" 同様に。 最初にExcelに移動して、列を作成する必要があります。 この最初の列の名前は「メールアドレス。」 その後、別の列を作成し、「ユーザー名」という名前を含める必要があります。 XNUMX番目の列も作成する必要があり、その列には「パスワード 。」 これらXNUMXつの列をすべて作成したら、次のステップに進むことができます。

GSuiteからOffice365に移行する方法

04。 そのすべての情報をExcelシートに入力してから、ファイルを保存します。

05。 今すぐ移行エンドポイントの支援を使用して、Office365をGmailに接続できます。

GSuiteからOffice365に移行する方法

06。 これを行うと、GmailメールボックスがOffice 365に移行されます。これを行うには、移行バッチが使用されます。

GSuiteからOffice365に移行する方法

07。 それが済んだら、DNSレコードをMXレコードに更新する必要があります。 このプロセスはドメインに必要です。 実際、これはこのプロセスの非常に重要なステップです。

GSuiteからOffice365に移行する方法

08。 間違いなくこれらすべての手順を実行したら、それが機能するかどうかを確認する必要があります。 この場合、Office365スイートでこれらすべての電子メールを受信するかどうかを確認する必要があります。 検証プロセスが完了したら、移行バッチを削除する必要があります。 つまり、単に削除する必要があります。 最後のステップとして、プラットフォーム間の同期オプションをオフにする必要があります。 その結果、GmailとMicrosoft 365は相互接続されませんが、データはすでに移行されています。

GSuiteからOffice365に移行する方法

上記のガイドに注意深く従うだけで、GSuiteからOffice365に問題なく移行できます。

その上、あなたが探しているなら Microsoft Office 2013プロダクトキー そして知りたい コンピューターのクラッシュ後に保存されていないExcelファイルを回復する方法、クリックして詳細をご覧ください。

GSuiteからOffice365に移行する簡単な方法

上記の手順は、多くのユーザーにとってやや複雑な場合があります。 したがって、簡単にして時間を節約したい場合は、使用を検討できます Wondershare InClowdz。 GSuiteからOffice365に簡単に移行できるように設計されています。 それとは別に、InClowdzは他のさまざまなクラウドスペースをXNUMXか所で管理できます。 このスマートで便利なツールのおかげで、クラウドスペース間で頻繁にログインおよびログオフする必要がありません。

関連する最も注目すべき機能のいくつか Wondershare InClowdz

  • GSuiteからOffice365へのシームレスな移行に役立ちます。
  • InClowdzは、異なるクラウドプラットフォーム間で貴重なデータを同期します。
  • これを使用して、単一のインターフェイスからすべてのクラウドプラットフォームを管理できます。 iCloudをGoogleドライブに転送する.
  • 安全性を損なうことなくデータを安全に保存します。
  • 使いやすさのためのシングルクリック移行。
  • と呼ばれる信頼できるソフトウェア開発会社によって立ち上げられました Wondershare.

取得する Wondershare InClowdz

GSuiteからOffice365への移行について知っておくべき重要事項

GSuiteとOffice365の両方のプラットフォームが、世界中の多くのユーザーによって使用されているのは事実です。 G Suiteはごく最近(2019年)に導入され、すでにXNUMX万人以上のユーザーがいます。 実際、統計によると、GSuiteを使用するユーザーのほとんどはSMEです。 この人気の背後にある理由は、GSuiteがSMEにさまざまなオプションを提供してより組織化された方法で運用できるようにするためです。 また、G Suiteの機能により、生産性も向上します。

一方、Office 365に関しては、Office365はGSuiteに比べて膨大なクライアントベースを持っています。 実際、この記事の執筆時点で、Office365には世界中で180億365万人以上のユーザーがいます。 G Suiteとは対照的に、彼らのクライアントベースはさまざまな規模と複雑さのユーザーで構成されています。 したがって、率直に言って、Office XNUMXは、XNUMXつを比較すると、最も効率的で生産的なオプションであると言われています。

それは、Office365がGSuiteよりも優れているということですか?

それはOffice365がGSuiteよりも優れていることを意味しますか

さて、両方のOffice365とGSuiteを比較すると、どちらにも固有の特性があります。 したがって、必ずしも最良の選択肢として一方を他方の上に指摘することはできません。 それぞれのオプションを何に使用するかによって異なります。 したがって、以下の情報を確認すると、どちらが最適かを判断できます。

Office 365に関しては、GSuiteと比較してさまざまな高度なセキュリティ機能が付属しています。 実際、それらのセキュリティ機能は、このソフトウェアに関連する最も重要な利点と言えます。 Office 365には、カスタマイズ可能なセキュリティ機能が多数含まれています。 また、潜在的なマルウェア攻撃やフィッシングに対する完全な保護も提供します。 これは、機密データのセキュリティを心配している人にとっては大きな安心です。 ただし、G Suiteに関しては、セキュリティに関していくつかの制限があります。 その場合、セキュリティを確保するためにサードパーティのツールを使用する必要があります。

Office 365は、より包括的なパッケージです。 Excel、Word、PowerPointなどのアプリケーションがあります。インターフェイスのデザインは非常によく知られています。 また、Office 365Suiteで従来のデスクトップアプリケーションを使用する機会も得られます。 さらに、これらのオフラインファイルはOffice365と同期することもできます。

ユーザーは、機能を確認し、レビューを読んだり、プラットフォームを選択したりできます。

だから、それが方法です GSuiteからOffice365に移行する。 お気づきのように、データ移行はこれまでになく簡単になりました Wondershare InClowdz。 時間の節約になり、すべてのクラウドスペースをXNUMXか所で管理できます。

試す Wondershare InClowdz