iMovieとFinal Cut Pro

ご存知のように、インターネットには多くの編集ツールがあります。 ほとんどのユーザーは、ソーシャルメディアプラットフォームのマルチメディアベンチャーを作成するための完璧なツールを探しています。 それで、彼らはどのツールが優れているかをどのように知るのでしょうか? あなたが同じ質問に苦労しているなら、私たちはあなたをカバーしました。

このレビューでは、Mac用のXNUMXつの編集アプリケーションの重要な機能を比較します。 ムービーまたはビデオクリップを作成した後、多くのユーザーは最高の編集プログラムに関して同じジレンマに直面します。 適切なツールを選択するのが難しくなります。

一方、iMovieからXNUMXつを選択する必要がある場合は、本当に難しくなります。 Final Cut Proの。 事実を知らない場合は、AppleがMac用にこれらのツールを両方リリースしました。 それでは、レビューから始めましょう。 iMovieとFinal Cut Pro.

PS:ここをクリックして調べる iMovieでオーディオをフェードする方法 と同様 Windows Media Playerでビデオを回転させる方法.

YouTubeビデオ

iMovieとFinal Cut Pro

そもそも、これらのプログラムは両方とも異なるレベルのスキルで機能するという事実を知る必要があります。 ユーザーがビデオを編集するのに最適なプログラムを選択できるように、両方のツールの重要な特性を比較します。

結局のところ、iMovieとFinal Cut Proは真の競争相手です。 これらのツールは、独自の優れた品質と特性で構成されています。 それでは、iMovie vs Final Cut Proに移りましょう!

また、ここでは、 iMovieで字幕を追加する方法  Premiereでフレームをフリーズする方法.

iMovie vs. Final Cut Pro:はじめに

iMovieの

Apple Inc.は、1997年にMacおよびiOS用のこのツールを考案しました。ビデオ編集に関する特別な知識のないアマチュア向けに設計されました。 このツールを使用すると、ユーザーはムービーを作成したり、ビデオ編集の基本的な要件を認識したりできます。


iMovieは標準アプリケーションであり、iLifeの要素です。 このツールを使用すると、ユーザーは数回クリックするだけでビデオをカットおよび編集する方法を学ぶことができます。 MacおよびiOSユーザーの間でよく知られているプログラムです。 iMovieのインターフェースは非常に使いやすいです。 iMovieを使用すると、クリップやムービーを問題なく生成できます。

このツールは、ビデオカメラやデジタルビデオファイルなどの複数のソースをサポートしています。 完了したら、画像を入れたり、さまざまなテーマを使用したり、エフェクトを追加したりできます。

に問題がある場合 iMovieがクラッシュし続ける、クリックして今すぐ修正してください。

Final Cut Proの

ほとんどの人は、Final Cut ProがiMovieよりもはるかに優れていると信じています。 ただし、このツールは特に専門家向けに設計されているため、真実ではありません。 Final Cut Proには、ビデオ編集に関するさまざまな機能とオプションが付属しています。


Final Cut Proを使用すると、ユーザーはビデオ広告、結婚式のビデオなどの高品質のビデオを作成できます。間違いなく、より便利で想像できる機能を提供します。 このツールは、技術的特性をより重視しています。

したがって、このツールはプロのビデオや映画を生成するのに役立ちます。 Final Cut Proの最新バージョンは、幅広いタイトル、エフェクト、アニメーション、テーマを提供します。 したがって、ビデオ編集の基本を知っているユーザー向けです。

次に、レビューの利点であるiMovieとFinal Cut Proについて説明します。

iMovie対Final Cut Pro:利点

iMovieの利点

一般的に、iMovieはユーザーフレンドリーなインターフェイスをサポートしています。 ホームインターフェイスには、ムービーを生成するのに十分ないくつかのタブが付属しています。 さらに、それはより組織化されたものです。 そこから友人とビデオを共有できます。


iMovieは、共有プラットフォーム用のクリップを作成するのに非常に人気があります。 ここで、ムービーにタイトルを追加したり、クリップ、写真、シーン間のその他の素晴らしいトランジションを追加したりできます。

Final Cut Proの利点

Final Cut Proには、プロフェッショナルビデオや自家製ビデオをフォーマットするための多くの特徴があります。 安定化、顔分析、魔法のタイムラインなどの機能を使用して、細部を編集することもできます。


より良いビデオを作成するために、ユーザーはこのプログラムを他のツールと統合できます。 このツールは、色補正とレタッチとともに高品質のビデオを提供します。 Final Cut Proは、編集の才能をプロレベルに引き上げるプラグインをサポートしています。 さらに、ユーザーが映画をカスタマイズすることもできます。

それに、ここは最高です After Effectsの代替 あなたの参考のために。

iMovieとFinal Cut Pro:使いやすさ

機能的なレイアウトにより、iMovieは非常に使いやすいです。 完全な初心者であっても、エフェクト、バックグラウンドミュージック、テーマを追加する方法を簡単に理解できます。 このツールは、ビデオ編集に必要な基本オプションで構成されています。


一方、Final Cut Proは複雑な操作を提供します。 これにより、すべての機能を理解するために多くの時間を費やすことになります。 Final Cut Proは、プロの編集オプションと強力な機能で構成されています。 したがって、このツールは間違いなく初心者向けではなく、経験豊富でプロフェッショナルなユーザー向けです。

iMovieとFinal Cut Pro:ビデオの編集

これらのツールの利点を確認した後、これらの両方のプログラムの他の機能を考慮する時間です。 ビデオの編集を見てみましょう。


Final Cut Proは、ハードドライブに保存されたファイルの変更を反映しません。 このプログラムは非線形ファイルであり、ファイルへの永続的な変換を構築しません。 それどころか、iMovieはハードドライブにあるファイルで機能します。 これは、すべての変更がファイルに関係することを意味します。

iMovieとFinal Cut Pro:色補正

上記のように、iMovieはアマチュア向けのツールです。 したがって、このツールは色補正に関しては単純なツールで構成されています。 これらのツールは、友人、家族、またはソーシャルメディアプラットフォーム用のビデオを編集するのに便利です。


プロのエディターのカテゴリーに属している場合は、Final Cut Proのような高度なツールが必要です。 このプログラムを使用すると、ユーザーはカラーマッチングをより適切に実行できます。

iMovie vs Final Cut Pro:ビデオのレンダリング

ビデオ編集について話すとき、iMovieは限られた数のレイヤー、トランジション、エフェクトで構成されています。 それが、ビデオレンダリングの行為が多くの労力と時間を獲得しない理由です。


一方、Final Cut Proには多くの効果があります。 ここでは、編集したファイルのエクスポートを完了しない限り、再生を提供することはできません。

iMovieとFinal Cut Pro:ビデオの共有

ビデオを作成した後、YouTube、Vimeoなどのさまざまなソーシャルメディアサイトでファイルを共有できます。 Facebook iMovieを介して直接。 ただし、Final Cut Proはモバイルデバイスをサポートしていません。 したがって、このプログラムを介したファイルの共有には、より長い時間がかかります。


したがって、ユーザーが使いやすいプログラムを好む場合、ユーザーはiMovieを使用できます。 この印象的なツールは、ユーザーがカラフルで美しいビデオを作成するために必要なすべてを提供します。 iMovieは、いくつかの簡単な手順で元のクリップを作成できる基本的で適切なビデオエディタです。

一方、プロの場合はFinal Cut Proを使用する必要があります。 高品質のビデオを作成するために、編集を詳細に調べることができます。 このプログラムは、ビデオを編集するための万能で高速なソリューションを提供します。 そのため、ニーズとスキルに応じて選択してください。

より良い代替案: Wondershare フィルモーラ

Filmoraは最高のビデオエディターのXNUMXつでもあります。 ビデオ編集プロセス全体を簡素化します。 このツールは非常に簡単にビデオを編集します。 ビデオ編集に関して多くの機能を提供します。 これらの機能の一部は次のとおりです。

YouTubeビデオ

のユニークな機能 Wondershare フィルモラ:

  • このツールは、カスタムタイトルと多くのフィルター、トランジション、オーバーレイをサポートしています。
  • バックグラウンドノイズ除去、オーディオイコライザー、キーフレーミングなどのサウンドツールを提供します。
  • この印象的なツールを使用すると、レイヤークリップとグリーンスクリーン効果を使用してコンポジションを作成できます。
  • Filmoraは4Kビデオをサポートし、ビデオの各フレームが実際とまったく同じように見えるようにします。
  • 複数のビデオのインポートをサポートしています。
  • ユーザーは、編集したビデオをFilmoraから他のプラットフォームに直接共有できます。

Filmoraには、プロフェッショナルビデオを編集するためのプロバージョンもあります。 フィルモラプロ 高度な編集モードを提供します。 このツールは、詳細な色補正をサポートしています。 ここで、ユーザーはプレミアム品質のプリセットを使用して迅速かつ迅速な変更を行うことができます。 と Wondershare フィルモーラ、視覚効果、アニメーション効果、オーディオ効果などを簡単に作成に追加できます。

何を求めている? この驚くべきツールをつかんで、さまざまな編集効果をお楽しみください。 手頃な価格帯であるため、iMovieおよびFinal Cut Proの優れた代替品です。 ここでは、iMovieやFinal Cut Proに似たエキサイティングな機能も利用できます。 希望、このレビュー iMovieとFinal Cut Pro どのビデオ編集ツールを使用する必要があるかを決定するのに少し役立ちました。

Filmoraの詳細