アプリ変換修理

FFMpeg Audacityが簡単に機能しない問題を修正する方法

Audacityは、無料のオープンソースソフトウェアとして提供されるオーディオ録音および編集ソフトウェアです。 Audacityは、FFMpegと呼ばれる実行可能ファイルを介して動作します。 使って FFMpeg Audacity、動画ファイルと音声ファイルの両方を記録、変換、さらにはストリーミングできます。 また、このプログラムには、デジタルオーディオおよびビデオファイルを操作するためのさまざまな機能とライブラリがあります。

無料のプログラムであることに加えて、このソフトウェアには非常に便利なユーザーインターフェイスも備わっています。 このツールを使用すると、マルチトラック録音を非常に簡単かつ迅速に作成できます。 また、編集するオーディオトラックにさまざまなエフェクトを適用するためにも使用できます。

PS:ここでは、 最高の音楽ダウンローダー、 上 Googleミュージックダウンローダー、および実行方法 Deezer Musicダウンロード 簡単に。


FFMpeg Audacityに関連する一般的な問題は何ですか?

このセクションでは、FFMpeg Audacityに関連する最も一般的な問題を見てみましょう。 実際、他のソフトウェアと同様に、FFMpeg Audacityでさえ、少なくとも時折いくつかの問題に直面する可能性があります。 さらに議論する前に、それらの問題と実用的な修正についてのアイデアを得る方が良いです。

01. Audacityが録音されたトラックでサウンドを生成できない

特定のケースでは、一部のユーザーは、記録したトラックが期待どおりに音を出さないと報告しています。 実際、これはFFMpeg Audacityに関連する最も一般的な問題のXNUMXつです。 同じ問題が発生しても心配する必要はありません。 簡単な方法を使用して、この問題をかなり便利に取り除くことができます。 この問題を解決するには、次の基本事項を確認してください。

  • ミキサーのツールバーで音量を調整してください。
  • そうでない場合は、物理ボリュームコントロールボタンを使用して、すべてが正しいかどうかを確認できます。 驚くべきことに、かなりの数のユーザーがこの方法で問題をかなり迅速に克服できます。
  • それに加えて、増幅を使用してトラックの音量を調整できます。 このオプションに到達するには、「効果'そして、'を選択します増幅する'オプション。
  • この問題に対する別の効果的な修正は、Audacity自体の入力ボリュームを増やすことです。 そうでない場合は、録音を開始する前に、プリアンプのAudacity自体の入力ボリュームを増やすことができます。

02.録音にノイズがあります

Audacityでトラックを録音する場合、一部のユーザーは最終出力にノイズがあることに気付きます。 実際、ノイズは環境によって異なる場合があります。 たとえば、電線のために電気ノイズが存在する可能性があります。 修正するには、電力線の近くに録音デバイスがないことを確認する必要があります。

また、自宅や職場などにいるときは、電化製品によって引き起こされる可能性のある環境ノイズがあります。それに加えて、外の交通、足音、その他のさまざまな音などの周囲の音が邪魔することがあります。 これらの音をすべて回避するには、品質の良い指向性マイクを使用する必要があります。

バックグラウンドノイズを回避する最善の方法は、スタジオでトラックを録音することです。 そうでない場合は、ノイズのない部屋を検討することもできます。 適切な配置で正しいマイクを使用できる限り、注意散漫を大幅に回避できます。

03.アプリの起動時または機能を使用する際のエラー

FFMpeg Audacityに関連するもうXNUMXつの一般的な問題は、起動時にエラーメッセージが表示されることです。 このソフトウェアの機能を使用すると、エラーが表示される場合があります。 前述したように、FFMpegは実行可能ファイルであり、マルウェアの影響を簡単に受ける可能性があります。 それに加えて、ウイルス感染により実行可能ファイルが破損している場合、いくつかのエラーに気付くことができます。 この問題を修正するには、いくつかの基本的な作業を行う必要があります。 つまり、信頼性の高いウイルス対策プログラムをインストールし、フルスキャンを実行することにより、問題を回避できます。 それでも同じ問題が発生する場合は、信頼できるWebサイトにアクセスしてインストールファイルをダウンロードできます。 また、潜在的なバグをすべて回避するために、必ず最新バージョンをダウンロードしてください。

04. FFMpeg Audacityライブラリは利用できません

FFMpeg Audacityの操作中に、「FFMpegライブラリが見つかりません」 このエラーは、Audacityに関連付けられたインポート/エクスポートブラウザーの使用を開始したときに特に表示されます。 古いバージョンと比較して、このエラーはAudacityの最新バージョンでより頻繁に発生する傾向があります。 この問題を取り除くには、ソフトウェアを最新バージョンにアップグレードする必要があります。 ソフトウェアをアップグレードしても問題が引き続き発生する場合は、ダウングレードしてみてください。 これにより、Audacityに関連する互換性の問題が原因で発生する可能性のある問題が排除されます。

05. MP3オーディオファイルのエクスポートが機能しない

FFMpeg Audacityで発生する可能性のあるもう3つの一般的な問題は、ファイルをMP3オーディオにエクスポートできないことです。 実際、エクスポートプロセスに関連する問題は、そのライセンスタイプに直接リンクしています。 つまり、Audacityはオープンソースソフトウェアであり、特許取得済みのMP3ファイルの使用は禁止されています。 この場合、この問題を解決するには、コンピューターにMP3ライブラリをダウンロードする必要があります。 この場合、最適なオプションはLAMEです。 ライブラリのインストール後、FFMpeg AudacityからMPXNUMXファイルもエクスポートできるようになります。

前述したように、上記はFFMpeg Audacityに関連する最も一般的な問題の一部です。 お気づきかもしれませんが、これらの問題はAudacityソフトウェアではかなり一般的です。 ただし、このソフトウェアの最大の利点は、これらすべての問題に対処するソリューションがあることです。 上記のすべてのヒントを試して問題を解決できます。 これで問題を修正する方法がわかったので、トラックを簡単に記録および編集できます。 簡単に言えば、これらの問題のほとんどには解決策があります。

さらに、ここでは、何であるかについて詳しく学びます Audacity VSTイネーブラー.


FFMpeg Audacityの最良の代替手段は何ですか?

FFMpeg Audacityの代替を探している場合、いくつかのオプションが利用できます。 ただし、すべてのツールが期待どおりに機能するわけではありません。 代わりに、一部のツールにはウイルスが含まれている場合もあります。 私たちが行った調査によると、私たちはと呼ばれる印象的なツールを見つけました iMusic Audacityの優れた代替手段として。

簡単に言えば、 iMusic 業界で最も包括的な音楽マネージャーツールの3000つと見なされます。 この特別なツールを使用すると、XNUMX以上の音楽共有サイトから音楽を直接ダウンロードできます。 プレイリストのダウンロードにも使用できます。 ダウンロードに加えて、iOSおよびAndroidデバイス内で音楽を転送したり、再生されたオーディオを録音したりできます。

一言で言えば、 iMusic 音楽を愛する人のための非常に便利なダウンローダーとマネージャーです。 また、Windowsを使用している場合でも、iTunesのバックアップと再構築に使用できます。 iMusic WindowsとMacの両方で動作する個別のバージョンが付属しています。 WindowsおよびmacOSの最新バージョンと互換性があるように開発されています。

の特長 iMusic

以下は、関連する機能の概要です。 iMusic.

  • このツールは、YouTube、Vimeo、Dailymotionなどを含む3000以上の音楽共有Webサイトから音楽をダウンロードできます。
  • 音楽のダウンロードは、URLをコピーして貼り付けることで実行できます。
  • このツールを使用して、iPhoneやAndroid電話などの異なるデバイス間で音楽を転送できます。
  • オンラインラジオ局や音楽ストリーミングサイトからの音楽の録音にも使用できます。
  • また、それぞれの曲(タイトル、アーティスト、ジャンルなど)のIDも取得します。
  • また、AndroidおよびiOSデバイスの音楽管理ツールとして完全に機能します。
  • また、iTunesと連携して動作し、必要に応じてライブラリを回復し、iTunesの音楽を修正します。
  • ダウンロードした音楽やプレイリストをUSBデバイスにワンクリックで転送して、簡単に共有できるようにします。
  • ダウンロードした音楽をCDに簡単に書き込むことができます

iMusicを入手


使用方法 iMusic?

これを利用する方法は次のとおりです iMusic.

  • まず、ダウンロードする必要があります iMusic コンピュータにインストールしてインストールします。 その後、ソフトウェアを起動し、「記録' インターフェース。

  • 今、あなたは記録'インターフェイスでは、大きなボタンをクリックして記録を開始する必要があります。 ソースファイル(オーディオを録音する元のファイル)を必ず見つけてください。 次に、ソースファイルを再生します。 ソースファイルは、iTunes、Spotify、またはWebページにあります。 それに加えて、マイクを通して音楽を録音することもできます。

  • ソースファイルを再生すると、ソフトウェアが音楽を自動的に検出することがわかります。 次に、記録プロセスを開始します。 録音されている曲を確認するには、ライブラリに移動します。 これは、 'としょうかん'メニューをクリックし、左側のレコードアイコンをクリックします。 これらのファイルをiOSまたはAndroidデバイスに追加する必要がある場合は、以下の手順に従ってください。
  • 曲を確認> 'をクリック輸出'>転送するためにすでに接続しているデバイスを選択します。

それでおしまい!

iMusicをお試しください


だから、それはに関連する一般的な問題を修正する方法です FFMpeg Audacity そして、その代替を使用する方法、 iMusic。 この件に関してご質問がある場合は、下のコメントセクションでお知らせください。

関連記事

先頭へ戻るボタンに